ある男性の悩み④決断

彼女が出来ないと言われて・・・

 

「イヤ、そんなことないです。僕が高望みしてしていて、

少し目線を下げれば必ず出来ます」

では、目線を下げなければ彼女は出来ないのか?

と尋ねました・・・

「それは・・・」

そこから男性は考え始めました。

お客様が幸せになる為にはどうなればよいのか・・・・

スタッフも一緒に考えました。

まずは自分の弱点を見つけることではないかと話すと

 

「弱点はないです。」

ルックスもお話も自信を持っている・・・

ないのなら女性とデートをしてみてください。

スタイルの女性スタッフと模擬デートを行って、そのデートで

パーフェクトならお金は要りません。一度行ってみてください。

「それなら・・・」

男性はようやく決断しました。

そして数日後、模擬デートを行います。

以下、次回に続きます。