ある男性の悩み⑦自覚

あれだけ自信のあった男性が・・・

一回目のデートを終え、あまりにも低評価だった男性。

最初お話したときはとんでもない強気でしたが・・・

「目線を下げれば・・・」

などといっていた男性の面影はありません・・・

そして男性は、2週間後のリベンジに向け、毎日評価メールを読み返したようですeye

「音を食べて食べない・・・」

普段から常に心がけることにした所、如何に自分の食べ方が

良くなかったのか、自覚したようです。

「言われるまで全く気にすることがありませんでした」

客観的に言われることが、自分のマイナス面を削るには最適ですsign03

その他、メールに書いてあったマイナス面をなくそうと、日々努力したようです。

すると、同僚の女性社員から

「何か、ありましたか?雰囲気が少し変わりましたねhappy01

と言われたそうです。

一回のデートでマイナス面を羅列され、それを直す努力をしているだけなのに

人としての魅力が増しているようですnotes

そして2週間後、2回目のデートです。今回のデートプランも男性にお任せ。

公園で散策、お食事、夜景が見えるBAR・・・

先に言っておきますが、このデートコース、女性スタッフいわく100点満点の

デートコースだったようですscissors

デート後、男性からは一言

「評価メール、お待ちしています」

 

以下、次回に続きます。