6/18.19 災害ボランティアに行ってきました。②

今回の作業は瓦礫拾いです。

今回の依頼者様は、津波で自宅が流されたお宅です。

基礎だけが残っていました。もう一度この土地に家を建てたいと

話してくれました。何年掛かっても構わないと・・・

前を向いて力強く仰っていました。

今回、この庭に散らばった瓦礫の撤去及び津波が運んできた泥の除去です。

一見普通に見える土地も表面に泥が被り、乾き、ガチガチになっているのです。

これをスコップや、手作業で瓦礫、泥を撤去していきます。

R0013196copy.jpg

R0013189copy.jpg

 

炎天下の中、皆様黙々と作業していました。真っ赤に日焼けしながら、大粒の汗をかきながら

少しでも綺麗にしたい・・・その一心で動いています。

後ろでは重機が集まった瓦礫をトラックに積み、トラックがそれを運んでいきます。

R0013197copy.jpg

途中、お昼や休憩をしっかり挟みます。水分補給。皆様とても充実しています。

R0013195copy.jpg

ボランティアセンターが定めた時間までしっかり働かせていただきました。

R0013192copy.jpg

とても綺麗になりましたよ。本当にびっくりするくらい。皆様お疲れ様でした。

最後は依頼者様と記念に写真を!

R0013199copy.jpg

依頼者様が、涙を流しながら「こんなに綺麗にしていただき・・・」

と言ってくれました。こちらも涙ぐんでしまいますね・・・

「家を建てたら必ず遊びに来てください」

と最後は力強く握手でお別れ!毎回感動してしまいます・・・

まだまだボランティアは必要です。GW前、GW中に比べて

本当にボランティアに数が減ってきました・・・

一過性のブームで終わるのではなく、継続していくことが大事なのです。

7月も16.17日に向かいます。一緒にお仕事しても良いよという方、お待ちしています。

本当に東北は皆さんを必要としています。

夕方、東北の空は見事な夕焼けでした。こんな綺麗な空、久々に見ました・・・

R0013216.jpg

56235325.jpg