災害ボランティア、行ってきました。③

頂いた仕事に対し、皆様本気で取り組んでいました。

現場に到着し、依頼された家主様と挨拶。

そしていよいよ活動開始!男性参加者様がリーダーシップを取り、

作業開始!午前中は朝9時より12時まで途中休憩を取りながら、

男性、女性共に自分のやるべきことを、自分なりに精一杯行いました。

R0013037copy.jpg

 

R0013042copy.jpg

 

R0013043copy.jpg

R0013039copy.jpg

R0013046copy.jpg

皆様、泥まみれになりながらも、仕事をもらっている感謝の気持ちで、

明るく、時には歌いながら目一杯動きました!

12時に休憩、休憩中もまだまだ働くぞと皆様うずうず。

R0013053copy.jpg

ある女性は休憩してすぐに働き始めていました。

その女性を見て、少し休んだだけで皆様、作業再開!

午後は津波で流された蔵の瓦拾いの仕事も頂きました。

R0013040copy.jpg

R0013066copy.jpg

依頼者様に差し入れを頂いて休憩。

R0013070copy.jpg

作業開始。

R0013063copy.jpg

15時30分、無事作業完了。皆様本当にいい顔をしています。

依頼者様も「ここまでやってくれるとは思わなかった」

と喜んでいただきました。

最後は全員で

R0013071copycopy.jpg

本当にお疲れ様でした。

ある参加者様が

「ボランティアに行くけど、東北の人からパワーをもらいたい」

と出発時、言っていました。正に私たちが元気をもらってきました。

困難にも負けず、そしてとにかく人に優しく、力強く、思いやりがある方でした。

本当に仕事させていただき、感謝しています。

依頼者様にとって満足できる仕事だったのかは分かりません。

しかし、作業が終わったときの依頼者様の顔を見て、本当にやってよかったと心から思いました。

そして今回、参加して頂いた皆様。本当にありがとうございました。

行くまでどんな仕事になるか分からず、まだ余震等も起こる中、それでも

参加したいと仰ってくれて、感激しています。皆様と一緒に作業が出来たこと、

誇りに思います。忘れることの出来ない「仲間」です。

置かれた環境において、如何にその環境を楽しめるかということは重要なことです。

今回の皆様はこの環境に確りと対応し、本気で取り組んでいたこと、感動しています。

また今回、応募多数の為、現地に行けなかった皆様、申し訳ありませんでした。

また5月に行いますので、そのときはよろしくお願いします。

亘理町ボランティアセンターの皆様、依頼者様、ご参加頂いた皆様。

本当にありがとうございました。

亘理の町、人、本当にあたたかい素晴らしい町でした。

帰り際、桜が散り始めていました・・・

いつか桜の下でゆっくりお花見が出来るように・・・

R0013079.jpg

被災された方に一日も早く、不自由ない生活に戻れるように・・

5848563.jpg